アミノ酸


アミノ酸とは

タンパク質の構成成分で、約20種類あります。
そのうち、人間が生きるために必須でありながら、体内で合成できない9種類を必須アミノ酸といいます。
体内では、タンパク質が分解されて、各種のアミノ酸となり、それぞれの役割を果たします。

リジン、アラニン、プロリン、アルギニンの3つが燃焼系アミノ酸と呼ばれ、効率的なダイエットを応援します。
また、BCAA(ロイシン・イソロイシン・バリン)が、効率的な筋肉トレーニングを助けたり、筋肉痛の緩和に役立つことがいわれています。

その他にも、精神安定に関与したり、美肌作りを助けるなど、様々な効果が沢山あります。

アミノ酸の種類

先述したとおり、20種類が確認されています。その中でも、人間にとって重要な9種類が必須アミノ酸とされています。それ以外の11種類を非必須アミノ酸としています。

必須アミノ酸の中でもBCAAといわれる分岐鎖アミノ酸が注目されており、筋肉を作り出す事から、スポーツや疲労回復に有効だとされています。

最近では、睡眠の調整に関与しているグリシンに、睡眠の質を良くする効果があるとされ、サプリメントとしても注目が集まっています。