ビタミンB1


ビタミンB1とは

主に糖質の分解を助ける働きをしているビタミンB1は、脚気を予防する栄養素として、日本人が発見したビタミンとしても有名です。
糖質の分解の働きから、疲労回復効果も期待できます。

脚気のほかにも欠乏すると、ウエルニッケ脳症(眼球の運動麻痺、歩行運動失調、意識障害など)などの重篤な欠乏症を引き起こす事もあります。

ビタミンB1の効果

疲労回復の効果

ビタミンB1は、糖質の分解しエネルギーに変換する働きに深く関わっており、エネルギー不足でおきる倦怠感や疲れといった事の回復効果が期待できます。

脚気の改善

脚気の症状は、手足が痺れたり下肢のむくみなどが典型的で、症状が進むと、最悪の場合、心不全なども引き起こす可能背があります。
ビタミンB1を摂取すると、症状が回復する事がわかっており、治療薬としても使われています。