ビタミンD


ビタミンDとは

日光のビタミンともいわれ、紫外線を浴びると皮膚にあるプロビタミンDが、変換されてビタミンDが作られるという少し変わった特徴があります。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けるのが有名で、血液の中の濃度を調整し、筋肉の動きを調節したり、骨を作り出したりしてくれます。

ビタミンDの効果

歯や骨を丈夫にする

カルシウムの血中濃度を調整するビタミンDは、腸からの吸収を助ける事で、歯や骨を強くする効果があります。

筋肉の収縮をたすける

ビタミンDは、筋肉の収縮に必要な、カルシウムを、各種ホルモン等と協力して、骨から取り出して、筋肉の収縮がスムーズに行われるように調整します。