葉酸


葉酸とは

ほうれん草などの「葉の部分に多く含まれる」ことから葉酸と言う名がついたと言われています。

現在では、その重要性の高さから学術研究者達が発起人となって立ち上がった「葉酸と母子の健康を考える会」により4月3日が「葉酸の日」と設定されています。

葉酸の効果

赤ちゃんの健全な成長

ビタミンBのひとつである葉酸は、妊娠初期においては、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」リスクを減少し、日常においては、動脈硬化や貧血の予防、神経細胞の働きを維持などにも役立ちます。

貧血の改善

赤血球を作るために必要な葉酸は、ビタミンB12と共に貧血の改善にとても有効な働きをします。特に葉酸不足で起きる貧血は悪性貧血と呼ばれています。