EPA


EPAとは

魚やアザラシを常食するイヌイットでは、脂肪の摂取量が多いにもかかわらず血栓症や心疾患などが非常に少ないことから注目され始めた栄養素です。
EPAは、正式には「エイコサペンタエン酸」と呼ばれる、不飽和脂肪酸の1つです。

EPAの効果

中性脂肪やコレステロールを減少させることで有名ですが、アレルギー疾患を引き起こす炎症物質を抑制する働きなども持っていますので、アトピーや花粉症の緩和にも役立ちます。